FC2ブログ
2016-08-03(Wed)

お菓子レシピ『 甘酸っぱい レモンショコラのマカロン 』

                           このエントリーをはてなブックマークに追加
    ★ レモンショコラのマカロン 

  小さくてかわいいレモン風味のマカロンだよ。噛むと、外側はカシャ、
  中はグシャと崩れる繊細な食感が特徴です!
  コロンとカラフルな姿は、プレゼントにも喜ばれるよ。
 
マカロン表紙

    こちらも、見てね ⇒ レシピノート予告

材料 ( 2枚組み合わせて約20~22個分 直径3cm弱 )
マカロン生地
* 卵白・・・1個分
* グラニュー糖・・・40g
* アーモンドプードル・・・40g
* 粉糖・・・粉糖25g
* 食用色素( 黄色 )入り粉糖・・・10g
     ★ 液体の色素を入れる場合には、粉糖を35gにしてね。

ガナッシュ
* スイートチョコレート・・・30g
* 生クリーム・・・大さじ3
* レモン汁・・・大さじ1
* レモンの皮すりおろし・・・2分の1個分


下準備
マカロン生地
・ アーモンドプードルと粉糖と食用色素入り粉糖を合わせてふるっておく
・ 天板にクッキングペーパーを敷いておく
・ 絞り出し袋に直径1cmの丸口金をつけておく
・ 焼く10分ほど前からオーブンを200度に温めておく

ガナッシュ
・ ボウルに氷水を準備しておく
・ 絞り出し袋に、直径1cmほどの丸口金をつけておく


作り方

① マカロン生地を作る
  < メレンゲ作り >
  ボウルに卵白を入れ、泡立て器で軽くときほぐす。
  次に、泡立て器を大きく動かして、全体に大きく
  泡立てる。途中でグラニュー糖を3回に分けて加えながら
  泡立てる。しっかり泡立って、ツヤのある固いメレンゲが
  できたらよい。➡ ボウルを逆さまにしても落ちない位。

  ★ 砂糖を加えるたびに、少しすり混ぜて砂糖を溶かしてから
    泡立てるといいよ。メレンゲがツヤツヤになって、ねっとり
    するような重みが感じられるよ。
    メレンゲをきめ細かく、しっかり作ることが秘訣だよ。
    ハンドミキサーでもOKです。


② 合わせてふるっておいたアーモンドプードル・粉糖・
  色素入り粉糖を①に加える。

  ★ 表面全体に振りかけるように入れてね。
    色素入り粉糖の代わりに、液状の色素を使用する
    場合には粉類を加える前に、メレンゲに先に加えて混ぜ、
    メレンゲに色をつけておいてね。


< マカロナージュ >
  ②をゴムべらで切るようにさっくりと混ぜ、
  メレンゲと粉類を合わせる。7分ほど混ざったら、
  ゴムべらの面の部分を使って、やさしく生地の表面を
  なでて、ボウルの側面に軽く押し付けて広げながら混ぜる。

  最初、フワッとしていた生地の泡がつぶされていき、だんだん
  ツヤが出てきて、重みのある生地に変わっていく。

  この作業をマカロナージュといい、生地作りの大切なポイントに
  なる。

  出来上がりの目安は、生地にツヤが出てきて、メレンゲの泡の
  フワフワ感がなくなるくらいの状態。
  ゴムべらで生地をすくってみて、帯状にゆっくり流れ落ちる感じ。
  落ちた生地が、すうっとボウルの中の生地にゆっくりなじみ、
  少し跡が残る状態。

  ★ 跡がしっかり残るようでは、マカロナージュが足りないので
    もう少し混ぜてね。
    スルスルと流れるような液状に近くなると、マカロナージュの
    やり過ぎで元に戻せないので、混ぜ過ぎには気をつけてね。

  
④ 準備しておいた絞り出し袋に生地を入れ、クッキングペーパーの
  上に、直径2.5cmに丸く絞り出す。
  絞り出したら、少し広がるので、4cmほどの間隔をあけて
  絞り出す。

  ★ 絞り出し方のコツ
    口金を天板から1cmほど離して垂直に持つ。その位置から
    動かさずに生地を押し出す。絞り終わりは、スッと横に引く
    ような感じで引く。

 マカロン1

  絞り終わりの跡がきれいに馴染んで消えてしまうと
  生地がとても良い状態である証拠。
  跡がしっかり残っているのは、マカロナージュ不足。
  生地がだらっと薄っぺらく広がってしまうのは、
  マカロナージュのやり過ぎ。

  ★ レモンちゃんのマカロンの出来あがりサイズは
    直径3cm弱ほどのマカロンで、45個ほど
    絞り出せるよ。


⑤ 絞り出せたら、そのまま室温で20分~1時間ほどおいて
  表面を乾燥させる。
  指でそっと触ってみて、指に生地がついてこなければよい。
  表面に薄い膜が張るような感じ。

  ★ 乾燥時間は、季節や天候、部屋の環境によってかなり差があるので、
    時間にこだわらず、表面がちゃんと乾燥しているか触って確認して
    ね。湿気の多い梅雨などは、なかなか乾燥しないよ。


⑥ 表面が乾いたら、200度に温めていたオーブンに入れて
  5分ほど焼く。
  その間に、マカロンに高さが出て、膨らんで、ピエ(足)と
  呼ばれるフリル状の形がマカロンの下の周囲に出てくる。
  それから、温度を150度に下げて、12分ほど乾燥させる
  感じで焼く。

  オーブンによって、焼き方にクセがあるので、途中で何度か
  扉を開けて、様子を見ながら、時間と温度を調整したり、
  天板の向きを差し替えたりする。

  ★ ピエが出てきて1~2分焼いて固まったら、扉を開け閉め
    して大丈夫だよ。
    かわいらしい色も魅力のマカロン。焼け過ぎて、焦げ色が
    つかないように、こまめにオーブン管理をしてね。


⑦ 焼き上がったら、クッキングペーパーごと冷ます。

マカロン2


マカロン3
 
  冷めたら、そっとはずす。
  生地が少しシートにくっついていても大丈夫。
  くっつきやすいので、はがした面を上に向けて並べる。
  冷めると色が濃くなる。


⑧ ガナッシュを作る
  チョコレートを細かく刻み、ボウルに入れる。


⑨ 小さな鍋に生クリームを入れ、火にかける。
  沸騰したら、①のチョコレートに回しかけて加える。
  そのまま、1分ほどおいておく。


⑩ ⑨を泡立て器で、ぐるぐる混ぜて、チョコレートを
   完全に溶かす。
   チョコレートと生クリームがよく混ざり、ツヤが出てきたら
   レモン汁を少しずつ加えながら、よく混ぜる。
   最後にレモンの皮のすりおろしを加えて混ぜる。


⑪ 氷水を入れたボウルに、⑩のボウルをあてて、
  混ぜながら冷やす。
  絞り出せるくらいの固さになったら、準備しておいた
  絞り出し袋に入れる。


⑫ マカロンにガナッシュをはさむ
  焼き上がって、冷ましておいたマカロンを2つ一組に
  セットして並べる。

  ★ 同じ大きさのものを組み合わせると、形がそろって
    きれいに仕上がるよ。


⑬ ⑪のガナッシュをマカロンの下になる方の真ん中に
  直径1.5cmほどの球に絞り出す。
  もう一方のマカロンをかぶせて( クッキングペーパーに
  くっついていた面どうしを内側にしてくっつける。)
  ガナッシュが、はみ出ない程度にそっと押してくっつける。

  ★ ガナッシュは、お好みの量を挟んでね。
    レシピの量では、作ったガナッシュの3分の1ほどが
    余るよ。

  ★ 出来上がったマカロンは、フタ付きの容器に並べて
    涼しい場所で保存してね。

    
マカロン切り口


  ワンポイント

 * メレンゲは、ツヤが出て、粘りが出るような感じになるまで
   しっかりと泡立てる!

 * マカロナージュは、不足でもやり過ぎでもダメ!
   失敗しても、何回か作っているうちに、分かってくるよ。

 * 表面を乾燥させる!
   乾かないうちに焼くと、マカロンの特徴となるピエが出て
   こないよ。乾燥しやすい場所においてね。

 * 焼く時は、丁寧にオーブン調整を!
   焦げたり、生焼けにならないようにね。



いつも応援してくださって、ありがとうございます*n_n*





   こちらも、いつも応援していただいて、ありがとうございます*n_n*  


 このお菓子で使用した道具

ボウル
泡立て器(ハンドミキサー)
ゴムべら
粉ふるい
絞り出し袋
丸口金(直径1cm)
おろし金
大さじ
包丁・まな板
小鍋

求人情報

プロフィール

レモンちゃん

Author:レモンちゃん
☆ 好きなこと ☆
・お菓子作り
・植物を育てたり見たりすること
・動物を見たり遊んだりすること
・散歩

☆ 作るのが好きなお菓子 ☆
・クッキー

☆☆☆プロフィール画像は、
   幸運のケーキです☆☆☆

最新記事
カテゴリ
いいご主人様に出会えますように ☆
いつでも里親募集
 動物を守りたいです
犬・猫・鳥・小動物・魚・爬虫類。 保健所には、連れていかないで。 自然にも放さないで。 ペットを手放す前に、ペットを 飼う前に、ぜひ考えてみてください!   お願いします。 ペットのおうち
お菓子☆パン材料・道具・レシピ
                                                                                         
リンク
RSSリンクの表示
楽天ブックス
☆ お菓子アルバム ☆